スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kanon 第4話 休日の奇想曲(カプリース)-caprice- あらすじ&レビュー 

(うぐぅとあうーっの直接対決)

■雪の森
[少女] 夢。夢には終わりがある
どんなに楽しい夢もどんなに怖い夢も
暖かい布団の中で、お母さんにゆり起こされて夢はとぎれる
ずっとずっと変わらない朝の風景
だけど今は
夢に終わりがなくなったのは
いつからだったろう


■■■■■オープニング■■■■■



■■■■■Aパート開始■■■■■

■繁華街
[祐一(10歳)] いい加減に泣きやめって、いったい何があったんだよ
泣き続ける少女
[祐一(10歳)] 何か言ってくれよ、あゆあゆ
[あゆ(10歳)] うぐぅ、あゆあゆじゃないもん

[祐一(10歳)] なんだ、ちゃんとしゃべれるじゃないか
あゆ、祐一を見る
[祐一(10歳)] じっと見られても困るんだけどなぁ。もしかして、生き別れの兄にそっくりだとか
返事なし
[祐一(10歳)] じゃあ俺そろそろ帰るから
あゆのお腹が鳴る
[祐一(10歳)] 腹減ってるのか?
あゆ、顔を赤らめる
[祐一(10歳)] やっぱり腹減ってんだろ
[あゆ(10歳)] うん
[祐一(10歳)] よし、何か買ってきてやるよ。食いたいもんあるか?何かないのか好きな食べ物
[あゆ(10歳)] たい焼き
[祐一(10歳)] たい焼きだな、よし、ここで待ってろ
[あゆ(10歳)] 待ってる

●タイトル● 第4話 休日の奇想曲(カプリース) -caprice-●

■商店街
[祐一(10歳)] ちゃんと待ってたんだな
[あゆ(10歳)] 待ってろって言われたから
[祐一(10歳)] よしよし
祐一、あゆの頭をなでる
あゆ、あわてて離れる
[祐一(10歳)] さっ、一緒に食おう
祐一、たい焼きの入った袋を渡す
[あゆ(10歳)] あったかい
[相沢祐一] たい焼きは焼きたてが一番だからな
祐一、ベンチに座り、たい焼きを食べる
[祐一(10歳)] うまいぞ食べろよ
あゆ、隣に座って、一口
[あゆ(10歳)] しょっぱい
[祐一(10歳)] それはさっきの涙の味
[あゆ(10歳)] でも、おいしい
[祐一(10歳)] だろ
[あゆ(10歳)] うん

[祐一(10歳)] で、何で泣いてたんだ
あゆ、黙り込む
[祐一(10歳)] あ、いいや、話したくないんだったら今日は聞かない
あゆ、最後の一口
[祐一(10歳)] 俺、そろそろ帰るから。じぁあな、あゆあゆ
祐一、立ち上がる
あゆ、祐一の服をつかむ
[祐一(10歳)] どうした?
[あゆ(10歳)] ぼく、あゆあゆじゅないもん
[祐一(10歳)] そう、だったな
あゆ、つかんだ手を離さない
[祐一(10歳)] じゃあ、行くから
[あゆ(10歳)] うん
あゆ、手を離さない
[あゆ(10歳)] たい焼き
[祐一(10歳)] ん?
[あゆ(10歳)] また、たい焼き食べたい
[祐一(10歳)] そんなに気に入ったのか?
[あゆ(10歳)] うん
[祐一(10歳)] また、一緒に食べるか?
[あゆ(10歳)] うん
[祐一(10歳)] それなら明日の同じ時間に駅前のベンチで待ってるから
[あゆ(10歳)] 嘘つかない?
[祐一(10歳)] つかない、絶対来るって
[あゆ(10歳)] 約束
[祐一(10歳)] ああ、約束だ
[あゆ(10歳)] 指切り
[祐一(10歳)] 指切りなんかしなくてもちゃんと来るって
[あゆ(10歳)] うぐぅ、指切り
[祐一(10歳)] ほら
祐一、指切りしようと右手を出す
あゆ、最初左手を出し、あわてて右手に変える
[祐一(10歳)] [あゆ(10歳)] ゆびきった
[祐一(10歳)] じゃ、明日な
[あゆ(10歳)] うん
あゆ、去っていく
祐一、見送る
あゆ、振り返る
[あゆ(10歳)] あの。ばいばい
[祐一(10歳)] ああ。ばいばい

[祐一(10歳)] あ!
祐一、走る

少女が所在なげに立っている
少女、近づいてきた祐一を見る
[名雪(10歳)] うそつき

■水瀬邸
祐一、ベッドで横になっている
静かに開くドア
[月宮あゆ] いししし
あゆ、部屋に入ってくる
祐一、寝たふり
[月宮あゆ] ふふふふふ
あゆ、こんにゃくを取り出す
[月宮あゆ] ははははは
あゆ、狸寝入りしている祐一の頭上にこんにゃくをかざす
[月宮あゆ] さん、に、いち
[相沢祐一] ゼロ!
祐一、跳ね起きる
[月宮あゆ] あー
あゆ、驚いて後ずさり、壁にぶつかる
[月宮あゆ] 痛たた、あうぅ、びっくりしたよ
[相沢祐一] 何やってんだ、お前は
[月宮あゆ] え、なにって、その
[相沢祐一] 俺に仕返ししに来て、また失敗したってところか
[月宮あゆ] そんなことないわよ
[相沢祐一] じゃあ、何か、そのこんにゃくは夜食か?
[月宮あゆ] こ、これ。そ、そう
[相沢祐一] じゃあ、食べろ
[月宮あゆ] え、い、いま?
[相沢祐一] 食べようと思ってたんだろ?
[月宮あゆ] あうー
あゆ、こんにゃくを一口
[相沢祐一] うまいか?
[月宮あゆ] 味がない
[相沢祐一] どうした、ぺろっといけよ
[月宮あゆ] そんな、もうお腹いっぱい
[相沢祐一] 食べ物を粗末にすると罰が当たるぞ
[月宮あゆ] あうー
[水瀬秋子] どうしたの?
秋子、部屋に入ってくる
[相沢祐一] ま、真琴がこんにゃくを食べてるんです。夜食にって
[水瀬秋子] こんにゃく?そんなにお腹空いてたの?ほらいらっしゃい、何か作ってあげるから
[月宮あゆ] お腹はもう空いてないんだけど
[相沢祐一] 良かったな、真琴
真琴、秋子に連れて行かれる
[相沢祐一] 全く、安眠妨害もいいところだ

■朝
祐一、引越用ダンボールの前
[相沢祐一] 今日こそこいつを片付けないとな
真琴が起きてくる
[相沢祐一] おはよう、真琴
[沢渡真琴] あうー
[相沢祐一] お前の朝の挨拶は、あうーなのか?
[沢渡真琴] 胸焼けがずっと治まんないの
[相沢祐一] 夜中に食い物ねだったりなんかするからだ
[沢渡真琴] ねだってなんかないわよ、あれは祐一の顔に
[相沢祐一] 俺の顔がなんだって?
[沢渡真琴] あうー、今に見てなさいよ
真琴、階段を上っていく

[水瀬秋子] ちょっと出かけてきますね
[相沢祐一] 買い物ですか?
[水瀬秋子] ええ、それから名雪がお弁当を忘れていったから、届けてあげようと思って。あの子、今日も陸上部の練習なんです
[相沢祐一] それなら俺、行きますよ
祐一、弁当を持って歩く
[相沢祐一] 陸上部の部長か、どんな顔してやってるだろうな

■学校 体育館
名雪、他の部員たちと一緒に走っている
[相沢祐一] 名雪
[水瀬名雪] あ、祐一
名雪、祐一に駆け寄る
[水瀬名雪] 届けてくれたんだ。ありがとう
[相沢祐一] ずいぶん立派な建物だよな
[水瀬名雪] この学校、部活に力入れてるから
[相沢祐一] 頑張ってるんだな
[水瀬名雪] 大会、近いし
笛の音
[水瀬名雪] 私、行かなきゃ
[相沢祐一] 俺、少し見てっていいかな
[水瀬名雪] うん、すみっこの方ならOKだよ、ありがとう、祐一
祐一、しぱらくの間練習を見る(これは間違いなく男性視聴者向けのサービスだな)

■ 校門
出ようとする祐一、入ろうとする香里
[相沢祐一] 香里
[美坂香里] 相沢君
[相沢祐一] これから部活か
[美坂香里] うん
[相沢祐一] 名雪もお前も、休みなのにまじめだな
[美坂香里] 名雪はね。私はちょっと家にいたくないだけ
[相沢祐一] 親と喧嘩でもしてるのか?
[美坂香里] そんなとこ。相沢君、もう学校には慣れた?
[相沢祐一] まだ少ししか通ってない割に、まあまあだな
[美坂香里] 良かったわよね、同じ教室に知ってる人がいて
[相沢祐一] 名雪のことか?
[美坂香里] あんまり名雪を困らせたりしたらだめよ、あの子のおかげでクラスになじんでるんだから、感謝しないと
[相沢祐一] 確かに
[美坂香里] 名雪って、のほほんとしてるようで、結構無理するようなところもあるから。気をつけてあげてね。部活も毎日くたくたになるまでやってるし
[相沢祐一] あいつがよく寝るにはそういう理由があったのか
[美坂香里] あれは生まれつきだと思う
[相沢祐一] だよな

■■■■■Aパート終了■■■■■



■■■■■Bパート開始■■■■■

■商店街
[水瀬秋子] あら、祐一さん
[相沢祐一] あ、秋子さん
祐一、米袋を持つ
[水瀬秋子] ごめんなさいね、せっかくのお休みにいろいろ頼んでしまって
[相沢祐一] いえ、たいしたことないですよ。秋子さん一人でこれ全部運ぶの大変でしょう
[水瀬秋子] ホント、祐一さんが居てくれて助かるわ
[月宮あゆ] 祐一君
あゆ、走ってくる
[月宮あゆ] やっぱり祐一君だ、また会えたね。うわ
あゆ、ころぶ
[水瀬秋子] たいへん
[月宮あゆ] うぐぅ、またぶつけた
[相沢祐一] 今度こそ俺は悪くないぞ
[水瀬秋子] 大丈夫?
秋子、手を差し出す
[月宮あゆ] あ、はい
[水瀬秋子] 祐一さんのお友達ですか?
[相沢祐一] 全然知らない女の子です
[水瀬秋子] え
[月宮あゆ] うぐぅ、ひどいよ
[相沢祐一] 冗談だ
[月宮あゆ] もしかして祐一君、僕のこと嫌い
[相沢祐一] 全然そんなことないぞ。あ
祐一、あゆの持つ紙袋に気づく
[相沢祐一] 今日も食い逃げしてきたのか?
[月宮あゆ] 違うよ、これはさっき、たい焼き屋のおじさんがくれたの
[相沢祐一] あんなに迷惑かけてるのに、なんて人のいいおやじだ
[水瀬秋子] 元気な女の子ですね
[月宮あゆ] えっと
[相沢祐一] 水瀬秋子さん、俺が居候させてもらってる、家主さんだ
[月宮あゆ] 家主って何?
[相沢祐一] 家の中で、一番えらい人のことだ
[月宮あゆ] そうなんだ、一つ勉強になったよ
[水瀬秋子] 祐一さん、私にも紹介してくださいます?
[相沢祐一] ああ。月宮あゆ。俺の知り合いです
[月宮あゆ] よろしくお願いします
[水瀬秋子] え?月宮あゆちゃん?
[月宮あゆ] え?
[水瀬秋子] いや、私の気のせいですね、うふふ

[月宮あゆ] 祐一君、これからどうするの?
[相沢祐一] もう帰るとこだ、今日は引っ越しの荷物を片付けなきゃならないしな
[月宮あゆ] だったら僕も手伝ってあげるよ
[相沢祐一] お前、時間あるのか?
[月宮あゆ] うん、昨日捜し物を手伝ってくれたし、そのお礼

■水瀬邸
[水瀬秋子] ただいま
[月宮あゆ] おじゃまします
[水瀬秋子] どうぞ
[相沢祐一] やけにしおらしいな、いつもみたいに顔面からつっこんでいくのかと思った
[月宮あゆ] そんなこと滅多にしないよ。あー
あゆ、玄関の段差でしりもちをつく
[月宮あゆ] うぐぅ、いたたた、ん?
あゆ、二階から見ている真琴に気がつく
[月宮あゆ] あれ?
[相沢祐一] 真琴、出てこいよ、紹介するから
[月宮あゆ] 真琴さん?
[相沢祐一] 沢渡真琴、俺と同じ、この家の居候だ
真琴、隠れるようにしてこっちを見ている
[相沢祐一] そんな風にしてると不気味だぞ、降りてきて挨拶くらいしろよ
真琴、降りてくる
[月宮あゆ] 僕、月宮あゆです。よろしくね
[沢渡真琴] さ、沢渡真琴。よろしく
[相沢祐一] ついでだから、俺の荷物片付けるの、お前も手伝ってくれないか
[沢渡真琴] えー、真琴もー?
[相沢祐一] 居候なんだから、それくらいしてもいいだろう
[沢渡真琴] あうー
三人荷物を二階に持っていく
[月宮あゆ] 真琴さん、大丈夫?
[相沢祐一] お前、ホントに力ないんだな
[沢渡真琴] あうー、ほっといてよ

■祐一の部屋
[月宮あゆ] へー、ここが祐一君の部屋なんだ
[沢渡真琴] 疲れた、もうへとへと
[相沢祐一] まだ一個しか運んでないだろう。後は俺が運ぶから、お前たちは中身を出して並べてくれ
あゆと真琴、二人きり
奇妙な沈黙が流れる
[月宮あゆ] そうだ
[沢渡真琴] なに?
あゆ、ポケットから紙袋を取り出す
[月宮あゆ] 食べる?たい焼き
[沢渡真琴] いいの?
[月宮あゆ] ちょっと、冷えちゃったけど、良かったら
真琴、たい焼きを受け取って一口
[沢渡真琴] 甘い
[月宮あゆ] 甘いの嫌いだった?
[沢渡真琴] でもおいしい
真琴、おいしそうにたい焼きを食べる
あゆ、嬉しそうにその様子を眺める
祐一、重そうに荷物を持って帰ってくる
[相沢祐一] やれやれ、太るぞ

片付け終了

■ダイニング

秋子、お茶とカステラを用意
[月宮あゆ] うわー
あゆ、カステラにすっかり心を奪われた様子
[水瀬秋子] 真琴は?
[相沢祐一] 疲れたから、後で食べるそうです
[月宮あゆ] やっぱり、三人で力を合わせるとすぐだったね
[相沢祐一] お前も真琴も荷物をひっくり返してばっかりだったけどな
[月宮あゆ] うぐぅ、でも少しは役に立ったでしょう?
[相沢祐一] はは。ああ、おかげで助かった
[月宮あゆ] よかった。手伝うって言ったのに役に立たなかったら、僕、嘘つきになっちゃうもんね

真琴、階段の上から下の様子をうかがっている

[相沢祐一] あゆ、捜し物は見つかったのか?
[月宮あゆ] ううん、まだ
[水瀬秋子] 捜し物?
[相沢祐一] ええ。なんだか知らないけど、大事な物を捜しているんだそうです
[月宮あゆ] この間は祐一君に手伝ってもらったから、今日はそのお礼もかねて
[水瀬秋子] そう、早く見つかるといいわね
秋子、最後のカステラをあゆの皿へ
[水瀬秋子] はい
[月宮あゆ] ありがとう

■玄関 夕方
[月宮あゆ] それじゃ、これで帰るね
[相沢祐一] 一人で帰れるか?
[月宮あゆ] 僕、そんな子供じゃないもん
[相沢祐一] そうか
[水瀬秋子] うふふ
[月宮あゆ] 真琴さんにも挨拶したかったんだけど
[相沢祐一] きっと昼寝でもしてるんだろう
[水瀬秋子] また、いつでも遊びにいらっしゃいね
[月宮あゆ] じゃあ、また
あゆ、家を出る
真琴、その様子を二階の窓から見ている
あゆ、その窓を見上げる
[沢渡真琴] あ
あゆ、手を振る
真琴、ためらいながらも手を振り返す
あゆ、嬉しそうに大きく手を振る
[月宮あゆ] あは
真琴、手を振り返す
あゆ、嬉しそうに帰って行く

■二階
[水瀬秋子] 真琴、カステラ食べない?
[沢渡真琴] うわーい

■夜 祐一の部屋
ノック
祐一、ドアを開ける
[相沢祐一] ああ、帰ってたのか
[水瀬名雪] ただいま、ねえ祐一
[相沢祐一] マッサージでもしてくれるのか、悪いな
[水瀬名雪] 違うよ
[相沢祐一] じゃ、風呂上がりに頼む
[水瀬名雪] マッサージの話じゃないよ。貸してあげたノート返してもらいに来たの
[相沢祐一] お前のノート?
[水瀬名雪] 貸してあげたでしょ、前の学校より授業が進んでるからって
[相沢祐一] んー。あ
[水瀬名雪] 思い出した?
[相沢祐一] 学校におきっぱなしだ
[水瀬名雪] えー困るよ。宿題しなきゃならないのに
[相沢祐一] 悪い、悪い。明日学校で返すから。じゃ
[水瀬名雪] じゃ、じゃないよ
[相沢祐一] じょ
[水瀬名雪] じょ、でもないってば
[相沢祐一] ならどうすりゃいんだよ
[水瀬名雪] こっちが聞きたいよ、どうしたらいいんだよ
[相沢祐一] 明日考えよう、今夜はとっとと寝てしまえ
[水瀬名雪] 明日じゃ間に合わないよ、祐一だって、宿題できなかったら困るでしょ
[相沢祐一] 俺はそういうことを超越している男だ
[水瀬名雪] 私は超越してないよ、ちゃんと宿題してかないと、あの先生厳しいんだよ
[相沢祐一] するとお前は俺に学校までノートを取ってこいと言うんだな
[水瀬名雪] 別にそこまでは言わないけど
[相沢祐一] いいよ、行ってくる
[水瀬名雪] え。学校、開いてないよ多分
[相沢祐一] どっか窓くらい開いてるだろ、開いてなかったらガラスを割ってでも入ってやる
[水瀬名雪] そんなのだめ

■玄関
[水瀬名雪] 外寒いよ
[相沢祐一] いいよ、ジョギングがてら行ってくる
[水瀬名雪] ホントにいいの?
[相沢祐一] 香里にクギさされてるからな、お前に迷惑かけるなって
[水瀬名雪] ごめんね、私の用事で二度も学校に行かせちゃって
[相沢祐一] 自業自得だ、気にするな

■夜道
[相沢祐一] すごい星だな

■学校
祐一、教室を出る
[相沢祐一] さて、さっさと帰るか

剣を持った少女が廊下に立っている
[相沢祐一] あ
振り返る少女 川澄舞
剣に手をかける

■■■■■Bパート終了■■■■■



■■■■■エンディング■■■■■


■■■■■次回予告■■■■■

[川澄舞] 私は魔物を討つものだから
[相沢祐一] ちみ、退学ね、とか言えるぞ
[水瀬名雪] したくないよ、そんなの
[沢渡真琴] 魔物を討つもの魔物を討つもの魔物を討つも
[月宮あゆ] 秋子さんって料理得意なんだね
[相沢祐一] そのうち特製ジャムも食ってみるといいぞ
[相沢祐一] 何か食べたいのか?
[美坂栞] 祐一さん、本当にお兄ちゃんみたいです
[沢渡真琴] 殺されるかと思った
[相沢祐一] お前何しに来たんだよ
[川澄舞] おいで

第5話 魔物たちの小夜曲(セレナーデ) -serenade-

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anisuzi.blog81.fc2.com/tb.php/5-75fc1777

アニメ・Kanon 第04話 休日の奇想曲~caprice~

総評としては、とにかくゆったりしていますので、昨今のアニメと比較すると、もうちょっと早くてもいいのでは?とか言いたくなる誘惑に駆られますが、その中で博打っぽいオリジナル展開を入れない辺を評価したいです。オリジナルの場面は入ってるけど、イメージが鍵....

【感想】『Kanon』第4話「休日の奇想曲 ~caprice~」

 こんばんは。 毎度毎度、エントリアップ&TBが遅くなってすいません。 お読み頂ければ幸いです。

  • [2006/11/11 23:57]
  • URL |
  • 『遍在 -omnipresence-』 |
  • TOP ▲

[アニメ] Kanon 第4話 「休日の奇想曲 ~caprice~」

Kanon第4話。何も言う事はありません。神作画なのですから(´▽`)では、感想を。

  • [2006/11/06 20:33]
  • URL |
  • 我が人生に燃えて、そして萌える |
  • TOP ▲

Kanon 第04話 「休日の奇想曲 ~caprice~」

うぐぅ~VSあうぅ~(笑

  • [2006/11/04 22:04]
  • URL |
  • Starlight Breaker |
  • TOP ▲

・Kanon 第4話 休日の奇想曲 ~caprice~ 感想

子供の頃の記憶。ここら辺の出来事から、あゆあゆがたいやき好きに。そして、忘れ去られる名雪。名雪・・・子供の頃から・・・。真琴の祐一に対する嫌がらせ。真琴がその手に持っているこんにゃくで何かし

  • [2006/11/04 02:04]
  • URL |
  • たまにもゆる |
  • TOP ▲

Kanon 第4話 「休日の奇想曲~caprice~」

夜の学校に一人、剣を持った女の子が月夜に照らされて。

kanon 第4話「休日の奇想曲~caprice~」

■あらすじ 7年前の祐一の記憶。道ばたで泣いているあゆに声をかける祐一。空腹のあゆにタイ焼きを買ってやる。明日また会うことを指切りをして約束し別れる。名雪を待たせていることを思い出す祐一。あわてて名雪の

  • [2006/11/03 20:22]
  • URL |
  • アニメのせまくてあさい森 |
  • TOP ▲

kanon 第四話

名雪をほったらかしにしてあゆとタイヤキに興じる祐一(幼)約束?そんなこという人、嫌いです。この歳にしてギャルゲ主人公の才覚に目覚めつつあります。真琴との真夜中の抗争は真琴の盛大なやられっぷり、祐一の有無を言わさぬ誘導、そして何もツッコむことなく....

  • [2006/11/03 15:30]
  • URL |
  • 暇潰し日記 |
  • TOP ▲

Kanon 第4話 「休日の奇想曲 ~caprice~」

子供の頃、お腹をすかしていたあゆにたいやきをご馳走し、また会おうと指切りをして別れ、ずっと待たせていた名雪を怒らせた。という夢を見て夜中に目を覚ました祐一。ふと扉を見ると真琴がこんにゃくを持ってきて祐一に落とそうとしていた。それに気づ...

  • [2006/11/03 15:29]
  • URL |
  • たむ~(仮)の駄目駄目な日々 |
  • TOP ▲

Kanon 第4話「休日の奇想曲~caprice」

 「いつまでもいとこ同士」という言葉がMoon Ridersの名曲「いとこ同士」中にあるんですが、何とも深い一節だと思いませんか?兄妹ほど親(ちか)しくはないけれど、赤の他人みたいに遠くもない。小さい頃の思い出は過去と

  • [2006/11/03 13:55]
  • URL |
  • Old Dancer's BLOG |
  • TOP ▲

『KANON』 第4話 観ました

いよいよ、京アニ版独自のアレンジがたくさん出てきたように思います。とは言え、話のはじめと終わりを東映版と揃えているように見えるのは今回も同じ…様な気がします。しかも、それは予告を見てさらにそう思ったり、思わなかったり…(残念ながら、東映版の録画ビデオは埋

  • [2006/11/03 13:14]
  • URL |
  • 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 |
  • TOP ▲

Kanon #04「休日の奇想曲」

 あゆとの回想シーンにて、通行人の声も堀江由衣だったので「今週のキャストは二人だけか!?」と思った。

  • [2006/11/03 13:10]
  • URL |
  • おカネの錬金術師の錬成日記 |
  • TOP ▲

Kanon -カノン- 第4話 「休日の奇想曲 ~caprice~」

幼き日の祐一と泣いているあゆあゆあゆは腹が減っているらしく、祐一はあゆにタイヤキを買ってあげた。なぜ泣いているかを尋ねてみたが、答えてもらえなかった。どうやらタイヤキを気に入ったらしいので、今日の

  • [2006/11/03 12:28]
  • URL |
  • 面白い漫画・アニメ・ゲーム |
  • TOP ▲

素晴らしい赤ブルマだ!

「Kanon」の第4話を見ました。<感想>ふと今回思いましたが真琴って犬みたいですね。「あぅ~」の視線とうめき声が私の家で飼っている犬にどことなく似ていたからそう思ったのかな。・・・!今大発見した。私の家の犬が擬人化したら真琴みたいになるっ...

Kanon

第4話「休日の奇想曲(カプリース) ~caprice~」 きたぁぁぁぁぁ~「コンニャク」ですよっ!なぜに「真琴」はコンニャクを持ってきたかっ!「おぢさん」ピーンときましたねっ!「こんにゃく」と云えばオ○ピーの伝説

  • [2006/11/03 11:10]
  • URL |
  • まるとんとんの部屋 |
  • TOP ▲

Kanon #04 休日の奇想曲(カプリ-ス)~caprice~

真琴は祐一の時はよく喋るけど、あゆと話すときは何か遠慮しているような所があって、微妙な性格の変化とか、上手く伝えられている気がしました。宿題があるので返し忘れたノートを学校まで取りに行くことになります。その時、空に映る星がホント凄かった。

  • [2006/11/03 10:28]
  • URL |
  • PEN:PENの雲外蒼天 |
  • TOP ▲

Kanon 第4話

Kanon preludeKanon 2007年 カレンダー【休日の奇想曲(カプリ-ス)~caprice~ 】むむ。思った通りに祐一とあゆは出会ってましたね~。印象がこれだけ強そうなのに覚えてないってことがやはり気がかりです。水瀬ママさんが、自己紹介で「月宮あゆ」と聞....

Kanon/4話 休日の奇想曲 ~caprice~

タイトル通り、ゆっくりと過ぎる休日らしい展開だった第4話

  • [2006/11/03 06:48]
  • URL |
  • てけと~な日記 |
  • TOP ▲

Kanon 第04話「休日の奇想曲~caprice~」

脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:吉岡忍 作画監督:米田光良少し引き絵でも、キャラの顔が崩れないのが京アニの凄いところですね。CM明け、行き成り電車の広告に「長森牛乳」キタコレ。「森永牛乳」とかけるなら「永森牛乳」とするはず、これはONEの長森瑞佳ネタとしか思

  • [2006/11/03 03:46]
  • URL |
  • AGAS~アーガス~ |
  • TOP ▲

★Kanon 第4話「休日の奇想曲 ~caprice~」

【公式】長森牛乳!!!いきなり吹

  • [2006/11/03 03:26]
  • URL |
  • 48億の個人的な妄想 |
  • TOP ▲

アニメ カノン

「休日の奇想曲」今回はあゆあゆとの思い出からですね。しょっぱいタイヤキ。泳げ!タイヤキ君ですか?あの釣りオヤジ。海水に浸かったブヨブヨのタイヤキを釣るテクも凄いですが。ゲロ吐きそうな磯臭

  • [2006/11/03 00:31]
  • URL |
  • アーリオオーリオ ドゥーエ |
  • TOP ▲

休日の奇想曲

■アニメ「Kanon」---第4話「休日の奇想曲(カプリース)~caprice~」冒頭から、路電の車体広告に書かれていた---長森牛乳に吹いたwww ※画像は「ふたば」:二次実況板より転載長森と言えば瑞佳、長森瑞佳と言えば「ONE~輝く季節へ~」のヒロインで、別名”だよもん星人

  • [2006/11/02 23:59]
  • URL |
  • I’ll be dis-ABSOLUTER |
  • TOP ▲

Kanon【第4話】

夢を見る祐一、昔の、子供時代、泣いているあゆにたい焼きを奢った時の、そして名雪を待ちぼうけさせた時の。

  • [2006/11/02 23:53]
  • URL |
  • 美しい夢想家-Beautifuldreamer- |
  • TOP ▲

TVアニメ Kanon 第4話 休日の奇想曲 ~caprice~ 感想

「TVアニメ Kanon」まあ、今回はグレードの高いギャルゲー展開を見せてくれたよな。こう言っちゃなんですが、萌えですよ、萌え萌え~♡名雪のブルマー。名雪のポニーテール。名雪の走る姿。うおお

  • [2006/11/02 23:44]
  • URL |
  • 空色なおれの日々 |
  • TOP ▲

Kanon 第4話 「休日の奇想曲 ~caprice~」

第4話 休日の奇想曲 ~caprice~

  • [2006/11/02 23:40]
  • URL |
  • 二次元空間 |
  • TOP ▲

Kanon 第4話・「休日の奇想曲(カプリース)~caprice~」を見て

 今回は、休日(着物の女性がいることから成人の日?)に起こるちょっとした出来事のお話。しかしまぁ…その何だ…秋子さんはガチですね。 ~冒頭より~ あゆとのやりとりよりもむしろちび名雪の一言が気になりますね。どうも話の流れ的には名雪シナリオではなく(もっと

  • [2006/11/02 23:08]
  • URL |
  • サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改 |
  • TOP ▲

Kanon 第4話 休日の奇想曲 ~caprice~

あの頃のおれは思いもしなかった。 いや、それが当たり前だと思っていた。 失ってみて気づかされることがある。 それがどんなに幸せな日々であったかを・・・。

Kanon 第04話

■Kanon■

  • [2006/11/02 22:59]
  • URL |
  • King Of ヘタレ日記 |
  • TOP ▲

(アニメ感想) Kanon 第4話 「休日の奇想曲 ~caprice~」

Kanon 1幼い頃の祐一の記憶・・・少女あゆに鯛焼きを買ってあげる祐一。暫くの時間を共に過ごした後、二人はまたここで会う約束をして別れます。あゆを見送った後、祐一はすぐに別の少女との約束を思い出し、走り出します・・・そして、そこには名雪が待っていました。「...

  • [2006/11/01 06:07]
  • URL |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。